ケッパーでAGA対策しようとしている方は、基本的にはAGAの場合、ケッパーやケッパーサプリを使用してもAGA対策にはなりません。なぜかといいますとAGAの進行には個人差があり、AGA全ての方にケッパーの効果があるかわからないからです。
AGAの進行度合いによってはケッパーが有効な方もいらっしゃると思いますが、医師がAGAと診断した場合、ケッパーやケッパーサプリの効果が期待できないケースが多いようです。

さて、AGAとはどのような症状なのでしょう。
AGAとは男性型脱毛症のことです。男性ホルモンに含まれるDHTという成分が引き起こす脱毛症状です。ケッパーやケッパーサプリなどを使用する前にご自身がAGAかどうかを専門外来で診断してみることをおすすめします。実際にケッパーも使用していて効果がない方はAGAかもしれません。躊躇せずAGAの専門の医師の診断を受けましょう。


ケッパーがAGAの方に効きにくいのはもちろんですが、ケッパーで効果が出なかった方が意外と疎かにしている事が、睡眠と運動だろうと感じています。
外から髪にAGA対策するのは必須で更に、食生活からもAGA対策をして、結果を得ることがうまくいく秘訣です。激しいストレスが、体内のバランス又は神経系統が不調になり、毛乳頭の発育に異常をあたえることが原因でAGAに陥るのです。AGAに見舞われる年代や抜けるスピードは様々で、10代で頭頂部が薄くなる場合もあります。


ケッパーの目的は頭皮の状態を整え、髪の毛がよく伸びるのを促進するために使われるものです。ケッパーに含まれる成分には、頭皮の血行を促進するものや毛髪の成長促進に必要不可欠な栄養が配合されています。



ケッパーも使用しても結果が出ずAGAかなと思った場合、ケッパーを使用せず専門の医師に一度診断してもらいましょう。もしAGAと診断された場合はケッパーやケッパーサプリを使用せず、医師の治療を受けることをおすすめします。
AGAは病気です。なので早期の対応は治すことができます。ケッパーを使用しても効果が出ない方の原因に多いのが生活習慣です。AGAでない方もここが悪い方は安心できません。
ケッパーを使用していても脂っこい食生活やタバコを多量に吸う方は、脂っぽく血流が悪い頭皮状態になり、AGAでなくても薄毛が進行します。脂質の多い食生活や習慣を見直すことを推奨します。